若返り・再生能力を持つベニクラゲ等、動物の生命の謎に迫り、将来の多角的な応用に役立つ基礎研究、並びに多くの人々が生物学に興味を持てる啓蒙の場(体験も可能: 一般・学生・児童を対象に、観察・実験を体験する研修コースの提供)として、ベニクラゲ研究の第一人者である元京都大学准教授の久保田信が設立したのがこの「ベニクラゲ再生生物学体験研究所」です。どなたでも訪問・体験ができます。

なお、所内を一度にご案内できる最多人数は20名程度ですので、それ以上の多人数の場合、すみませんが、班に分ける等して来所下さると幸いです。ベニクラゲの若返り体験は、毎回、通常は最多で6名程度です。

生きるのが対照的な、不老不死の ベニクラゲ と 早死の カイヤドリヒドラクラゲ

 

2021年4月以降は 水曜日木曜日が定休日。それ以外の解説や体験は予約制といたします。

以下の3種類の体験学習を用意しております。

 

1. 所内の解説・ガイド

・久保田信が、約30分間行う。

・定休日は水曜と木曜(定休日にも 久保田信が在所時に 可能な場合もあります)

・お一人様 ¥500  (3歳未満は無料)

 

2. ベニクラゲのスケッチと解説・ガイド

・ポリプ(年中なるべく生体での使用)あるいはクラゲ(夏季7-10月は生体で、他の季節は薬品固定標本での使用)のスケッチを主として、久保田信が指導して約60分間行います。

・お一人様 ¥3000 (参考書付き)

・1家族  ¥5000   (参考書付き)

・定休日は水曜と木曜

 

3. ベニクラゲの若返り・再生実験(夏季7-10月)と解説・ガイド

・久保田信が担当し、4日間連続で(毎日1時間余り)実施します。

但し、クラゲの飼育環境が将来確立すれば、年中実施いたします。

・お一人様 ¥10000 (参考書付き)

・定休日なし(ただし、金曜あるいは土曜のスタートが望ましいです)

 

4.体験学習なしの見学

毎日、12時ー15時に可能で、4階展示場の「湯浅城海洋生物博物館」、展望天守閣とあわせ、

入館料は、3歳から小学生までは100円、中学生以上は300円の予定です。

ただし、宿泊や入浴のお客様は入館料は発生しません。

 

 

MENU